【学生向け】塾講師が教える見やすいノートの書き方【これで点数アップ!】

スポンサーリンク
【学生向け】塾講師が教える見やすいノートの書き方【これで点数アップ!】 日常
悩む女性

学校のノートってどうやって書いたらいいのかわからない。。ノートの書き方だけで点数が変わるの??点数が上がるノートの書き方も一緒に知りたいな。

こういった悩みに答えます

 

本記事では、現役塾講師が見やすいノートを書く理由とポイントを公開します!

見やすいノートを書くだけで成績は変わります
こんなノートを書いている人は要注意という例もあげていきますので最後まで見て参考にしてください

綺麗なノートを書くためのおすすめのノートはコクヨのバインダーノートスマートリングです
詳しくは【学生におすすめ!学校のノートをすっきりと綺麗に作る方法】で紹介しています

スポンサーリンク

綺麗な見やすいノートを書く理由

そもそもノートを書く目的は、学習内容を定着させることです

では、なぜ学習内容を定着させるために綺麗な見やすいノートを書くのでしょうか?

理由は2つあります

● 試験前に見返すことができるから

● 視覚的に覚えることができるから

それぞれ見ていきましょう

試験前に見返すことができるから

板書をノートに書く理由は試験前にワークなどに取り組むとき、わからないことがあったらノートを見て確認・復習をすることができるからです

見にくいノートでは見返そうと思ったときに何が書いてあるのかわからない・読めないという事件が発生します

見やすく綺麗なノートを書くことは成績を上げるためにはとても大切なのです

視覚的に覚えることができるから

人間は授業内容を耳で聞いただけではなかなか覚えることはできません

ノートに学習した内容を書き、繰り返し見返す(復習する)ことで記憶することができるのです

なので綺麗な見やすいノートを書くことが学習内容を定着させるためには重要です

さらに自分に合った色、イラストや図を入れることでより視覚的に授業内容を覚え、思い出すことができます

綺麗にしすぎるのはダメ!

しかし、いくら綺麗なノートを書いたほうがいいといっても”綺麗すぎるノート”は逆効果です

理由は、学習内容の定着がノートを書く目的なのに綺麗なノートを作ることが目的に変わってしまうからです

綺麗なノートが成績向上につながるのではなく、学習内容が定着することが成績向上につながるのです

 

まとめると見やすいノートを書くことで試験前に見返すことができ、さらに目から授業内容を覚えるこことができます

見やすいノートは学習内容の定着に大きくプラスの影響を与え、その結果テストの点数を上げることに繋がるのです

スポンサーリンク

授業ノートの書き方と3つのポイント

では実際に授業ノートの書き方とポイントを見ていきましょう

授業ノートには

● 板書

● 授業内で先生が言ったこと

を書いていきましょう


そして板書と先生が言ったことは下記のポイントに沿って書いていきましょう

ノートを書く時のポイント

● 余白を作る

● 使う色は3色だけ

● イラスト・図を入れる

順番に見ていきます

余白を作る

余白を作る理由は3つあります

ひとつ目は、字が詰まっていると読みにくいからです
後から見直したときに読みやすいノート作りを心がけましょう

ふたつ目は、先生が後から情報を追加してきたときに書き足す場所がなくなるからです
先生の「そういえば」情報がテストに出てくることもあるので余裕を持ったノート作りをしておきましょう

みっつ目は、授業中にわからなかった単語や用語を家に帰ってから調べて追加したいからです
わからないことをわからないまま授業を終えてしまったときに後から意味を追加できるようにしておきましょう

 

まとめると…

余白を作ると

● 文字間に余裕ができて字が読みやすくなる

● 追加情報を書き足すことができる

● わからなかった単語や用語の意味を調べて追加することができる

使う色は3色だけ

ノートに色をつけるときは目的に合わせた色を自分で決めます

例えば…

赤:最重要ポイント、青:覚えておきたい説明、オレンジ:補足項目

このように自分ルールを作ることでノートを見たときに何が重要なのかが一目でわかります

 

ではなぜ3色以上使ってはいけないのでしょうか?

ノートを書くときに3色以上使うと下記のような問題が発生します

● 何が重要なのかがわからなくなる

● 目的に合わせて色を使い分けるのが大変になる

ノートを書く目的は「学習内容の定着」です

色があったほうが綺麗なノートになるからと言って色々な色を使ってしまうと返ってダメなノートになってしまうのです

イラスト・図を入れる

ノートには科目に合わせてイラストや図を入れましょう

例えば、理科の授業では植物のイラストを描き栄養の巡り方を再現したり、社会では地図を描くことでより視覚から情報を入れることができます

また、複雑な図やイラスト(世界地図や人体など)は印刷してノートに貼っていくのもいいでしょう

イラストや図を入れることで余白も生まれるのでさらに見やすいノートになります

 

さらに、自分の作ったキャラクターをイラストとして挿入し、ポイントなどを喋らせることでより楽しく視覚的にノートを作ることができます

私は実際にこんなキャラクターを作って顔は担当の先生にしたりしてノートを書いていました(笑)

学校のノートのサンプル
スポンサーリンク

こんなノートになってない?ダメなノートの例

最後にダメなノートはどんなノートなのか見ていきましょう

色ペンコレクター

1つ目は、色を使いまくる色ペンコレクター

特に女の子に多い例ですが、筆箱にあふれんばかりの色ペンを入れ塗り絵かのようにノートを書いていきます

色ペンコレクターがダメな理由は「ノートをカラフルにすること」がノートを取る理由に変わってしまっているからです

何度も言うようですがノートを書く理由は「学習内容を定着させるため」です

目的を見失わないようにしましょう

白黒昭和人間

2つ目は、色を全く使わない白黒昭和人間

これは色ペンコレクターとは反対に男の子に多い例ですが、板書は大事なところに色がついているのに自分のノートは色をつけません

白黒昭和人間ノートはなぜダメかと言うと、ノートを見返したときに「重要ポイント」がわからないからです

教科書を開かなくても復習できるようなノートを作りましょう

最強ミニマリスト

3つ目は、複数の教科を同じノートに書く最強ミニマリスト

これはめんどくさがりな子によくある例ですが、持ち運びが面倒くさいので1冊のノートに複数の教科の内容を書きます

最強ミニマリストがダメな理由は、ノートを見返そうと思ったときに欲しい情報がすぐに見つからないからです

見返すことを前提にノートを書いていきましょう

スポンサーリンク

まとめ

今回は見やすいノートを書く理由とポイントについて紹介しました

まとめると…

見やすいノートを書く理由

● 試験前に見返すことができるから

● 視覚的に覚えることができるから

ポイントは下記の3つでした

見やすいノートを書くポイント

● 余白を作る

● 使う色は3色だけ

● イラスト・図を入れる

見やすいノートは学習内容の定着に大きな影響を与え、テストの成績アップにつながります

見返すことを考えたノート作りをして試験前の復習を有意義なものにしましょう!

 

綺麗なノートを書くためのおすすめのノートはコクヨのバインダーノートスマートリングです
詳しくは【学生におすすめ!学校のノートをすっきりと綺麗に作る方法】で紹介しています


【ランキングに参加しています】
面白かった!参考になった!という方は下のボタンをクリックしてくれると筆者が喜びます!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
日常
スポンサーリンク
この記事をシェアする
KANONをフォローする
kanonblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました