【初心者向け】旅行先で使える英語のフレーズ15選!【保存版】

スポンサーリンク
アメリカ留学
悩む女性

旅行に行くことは決まったけど英語なんて全くわからないし。。旅行がキャンセルになってしまった今、使える英語を知っておきたい!!

こういった悩みに答えます

スポンサーリンク

よく使う定番フレーズ

空港に立つ女性

まずはどの場面でも使える定番フレーズを見ていきましょう

Excuse me.

すみません

まずはど定番「Excuse me.」

声をかけるときや人とぶつかってしまった時などに使います

ちなみに…

2人以上でいる時に人とぶつかったら「Excuse us.」と言うことが出来ます

アメリカ人も実際に使っていて、これがただただ言いたいだけの時期もありました!(笑)

 
Thank you.

ありがとうございます

ありがとうはどこにいても使いますね

慣れてきたらThank youだけではなく、Thanks. Thank you so much.も使っていけるといいですね!

ThanksはThank youよりもラフな感じでThank you so muchはThank youよりもとってもありがとうという感じです

Thank youだけでも問題はありません

 
Good

調子いいです

このGoodは実際の会話で見ていきましょう

カフェの店員
カフェの店員

How are you today?

調子はどうですか?

私

Good

いいです

カフェの店員
カフェの店員

Awsome, so what do you want taday?

いいですね、何を頼みますか?

カフェやファストフード店、空港、、、いろいろなところで「こんにちは」の挨拶がわりに「How are you(調子はどう)?」と聞かれます

本当に調子がいいのか聞いているわけではありません

How are you?の代わりにHow’s it going?など他の言い回しで言われることもありますが、どれに対してもGoodで乗り切れます

ちなみに…

I’m fine, thank you.は求められていないし失礼な言い方になるので使わないようにしましょう!

学校で習ったのに…って思いますよね(泣)

意味的にはいいえ結構です、大丈夫なので、のように聞こえます

 
Sorry?

すみません?、ん?

このSorryは申し訳ありませんと謝るときのSorryではなく、なんと言っているのか聞き取れなかった時に使えるSorry?です

丁寧な言い方ではありませんが、伝わればOK

ポイントは語尾をあげて発音することです

ちなみに…

丁寧に伝えたい方は

Sorry, I couldn’t catch you. Could you repeat that?

すみません、わからなかったのでもう一度お願いします。

と伝えてみましょう

 
That’s it.

以上です

こちらのフレーズも実際の会話で見ていきましょう

店員
店員

Do you need anything else?

他に注文はありますか?

私

That’s it.

以上です

レストランやファストフード店では注文の最後にDo you need anything else?もしくはAnythig else?と聞かれます

注文が他にあれば追加で答え、なければ以上ですと答えましょう

 
I’m good.

私は結構です

2度目のgoodですが、これはNo, thank you.と言いたい場面で使えるgoodです

No, thank youをなぜ使わないのかというと冷たい印象を与えてしまうことがあるからです

そのため、I’m good.やI’m OK.と首を振りながら答えるのがいいでしょう

 
Is there a restroom nearby?

この辺にトイレはありますか?(トイレがこの辺にあるかわからない)

最後の定番フレーズはトイレを訪ねるフレーズです

生理現象は我慢できないですからね。。

トイレのマークがある空港などでは聞く必要はないかもしれませんが、マークのないレストランとかでは

Where is the restroom?

トイレはどこですか?(トイレがあることは知っている)

と訪ねることもできます

トイレがあるかないかで使うフレーズを変えましょう

ちなみに…

国によってトイレの使い方が違うので行く国のトイレ情報は調べておくことをオススメします!

アメリカのトイレは不便なことはないけど、ドアの下がめちゃめちゃあいてるしドアの横に隙間もあるので不安になります(笑)

 
スポンサーリンク

飲食店で使える英会話

海外のレストラン

次に飲食店で使えるフレーズをご紹介します!

定番フレーズと組み合わせて美味しい現地のものを食べまくりましょう

Could you tell me the way to ◯◯.

◯◯への行き方を教えていただけますか?

まずは目当ての飲食店までたどり着けないときに使えるフレーズです

◯◯に行きたい場所を入れれば丁寧に道を訪ねることができます

ちなみに…

Google mapでたどり着けなかったことはないのでGoogle様に頼るのはアリです

 
What do you recommend?

何がオススメですか?

レストランやファストフード店について何を頼めばいいのかわからない!

そんな時には店員さんのオススメを聞くのも1つの手段です

基本的には旅行なら調べていく人が多いと思いますが、地元の人のオススメを食べるのも旅行の醍醐味ですね

ちなみに…

Recommendは動詞なので名詞としてオススメと言いたい時は「Recommendation」を使いましょう

 
Can I get ◯◯?

◯◯をいただけますか?、◯◯をください

このフレーズは注文する時に使えるフレーズです

◯◯に商品名やthis one(これ)などを入れて使いましょう

getの代わりにhaveを使って「Can I have ◯◯?」と伝えることもできます

ちなみに…

もっと丁寧に伝えたい時は

Could I get ◯◯?/Could I have ◯◯?

を使いましょう

CouldはCanの過去形ですが、丁寧にしているだけで過去の意味は持ちません

 
I’m allergic to ◯◯.

◯◯のアレルギーがあります

海外の飲食で怖いのはアレルギーがある食べ物だと思います

旅行先で病院にも行きたくないですしね

その時はこのフレーズを使いましょう

◯◯に食べ物の名前を入れます(もちろん動物や花粉などにも使えます!)

例えば私は牡蠣がアレルギーで食べれないので

私

I’m allergic to oysters.

私は牡蠣アレルギーです

と伝えて身の危険を回避します

ちなみに…

読み方は「アイム アレジック トゥー オイスターズ」になります

 
Check, please.

お会計お願いします

最後のフレーズはお会計の時に使えるフレーズです

ファストフード店では商品を注文する時にお金を支払うのでこのフレーズは使いませんが、

レストランでは使いますね

Pleaseをつけることで丁寧な言い方になります

逆にPleaseをつけないと命令文になってしまいますので気をつけましょう

ちなみに…

海外ではテーブルに専属のウエイターがつく場合が多いですので注文やお会計はその人に頼みましょう

ちなみにチップもその人のものになります

 
スポンサーリンク

ショッピングで使える英会話

買い物バッグを持つ女性

最後にショッピングで使える英会話フレーズを紹介します!

Can I try it on?

これ試着できますか?

これは洋服屋さんで使えるフレーズですね

アメリカでは試着をしてから購入が普通のようで多くの人が試着室を利用していました

近くにいるお店の人に声をかければOKです

最初にExcuse me.と言えるともっといいですね!

Do you have a lager (smaller) size?

大きい(小さい)サイズはありますか?

試着はできたけどサイズが合わない!!

そんな時に使えるフレーズです

ちなみに…

複数の服を試着して1つだけ気に入った時には

アパレル店員
アパレル店員

How was it?

いかがですか?

I will take it!

これください!

と伝えて他の服は戻してもらいましょう

Do you need the receipt? – Yes, please. No, thanks. 

レシートは要りますか?ーはい、お願いします。いいえ、大丈夫です。

最後のフレーズはレシートは要りますか?と聞かれたときの答え方です

これは質問まで覚えておきましょう

なぜなら、receiptがめっちゃ聞き取りにくいからです!

読み方は「レシ-プト」となりますが、ー(伸ばし)が短めでpがあまり聞こえません

レシートと似ているようで似ていないことが聞き取りにくくなる原因ですね。。

レシートをもらう時には

Yes, please.

レシートがいらない時には

No, thanks.

と笑顔で答えましょう

今回は以上になります!

また旅行ができるようになる時まで練習して、このフレーズを自分のものにしましょう!

 


【ランキングに参加しています】
面白かった!参考になった!という方は下のボタンをクリックしてくれると筆者が喜びます!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
アメリカ留学
スポンサーリンク
この記事をシェアする
KANONをフォローする
kanonblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました