おすすめのプログラミング言語はこれだ!初心者が学ぶべき言語と特徴

スポンサーリンク
おすすめのプログラミング言語はこれだ!初心者が学ぶべき言語と特徴 プログラミング
悩む女性

プログラミングを勉強したいけど言語がたくさんありすぎてどれを選んだらいいのかわからない。どんな特徴があるのかも知りたいな。

こういった悩みに答えます

初心者におすすめの言語のみ知りたい方はもくじから3に飛んでください

スポンサーリンク

プログラミング言語と特徴

まずはプログラミング言語と特徴について簡単に学びましょう

なぜなら次の章で話すプログラミング言語の選び方に繋がるからです

プログラミングとは

プログラミングとは「コンピューターへの指示を書くこと」です

右も左もわからないコンピュータに指示するために使用するのが「プログラミング言語」で、コンピュータに指示を出すためにプログラミング言語を私たちは学習する必要があります

2つの種類の言語

プログラミング言語には大きく分けて2種類あります

1つ目は、フロントエンド言語

2つ目は、サーバーサイド言語

になります

1. フロントエンド言語とは

フロントエンド言語は、ユーザーが手に触れてみることができる領域の言語です

私たちが普段ホームページやサイトで見たり触ったりしているテキストや画像、ログイン画面などは全てフロントエンド言語で作られているのです

では、フロントエンド言語にはどんな言語があるのでしょうか?

  • HTML/CSS
  • JavaScript

になります

ここで出てくる「JavaScript」とはのちに出てくる「Java」とは別物です。簡単に言うと「メロン」と「メロンパン」くらい名前が似ているだけでものが違います。

HTMLとCSSは3週間で基礎を学ぶことができるので初心者の方はまずここから勉強してしまいましょう

2. サーバーサイド言語とは

サーバーサイド言語は、ユーザーが普段見ることや触れることができない領域の言語です

サーバーサイド言語とは、例えば

  • PHP
  • Python
  • Java
  • Ruby

などがあります

これらの言語は学ぶのに時間がかかりますので、

オンラインスクールなどを利用して正しく学習するのも一つの手段です

2つの種類のアプリ

プログラミング言語を学習することで作成できるアプリは大きく分けて2種類あります

1つ目は、Webアプリケーション

2つ目は、ネイティブアプリケーション

になります

1. Webアプリケーションとは

Webアプリケーションとは、タブレットやスマホなどの端末にインストールする必要がなく、インターネットに接続されていれば利用できるアプリのことです

例えば、GoogleやYahoo、食べログやクックパッドを指します

言語は、

  • Java
  • Ruby
  • PHP
  • C言語

などを使います

2. ネイティブアプリケーションとは

ネイティブアプリケーションとは、アプリ自体をタブレットやスマホなどの端末にインストールして端末上でのみ使うことができるアプリのことです

これは普段私たちが使っている「アプリ」と呼ばれるもの全般を指し

言語は、

iOSアプリ
  • Objective-C
  • Swift
Androidアプリ
  • Java
  • Kotlin

が使われています

このような特徴をもとに次の章で自分にあった言語を選びましょう!

スポンサーリンク

正しいプログラミング言語の選び方

さて、ここからは正しいプログラミング言語の選び方について話します

結論から言うと

自分の「やりたいこと」に合わせて言語を選びましょう

なぜなら、目標があることで学習を楽しく進められるからです

それにつまずいたとき、目標がないと学習をやめたくなってしまいます

やりたいことリストを作る

では「やりたいこと」とはなんでしょうか?

例えば

・趣味のバンドがライブハウスと繋がれるアプリが作りたい
・よく旅行に行くからしおりを簡単にるくれるサイトを作りたい
・ハンドメイドが得意だから自分の商品を売るサイトを作りたい

などになります

まずはプログラミングを学習することで自分が何をしたいのか考えてみましょう

ここで、私がプログラミングを勉強しようと思った時に書いたアイデアページを公開しちゃいます!

こうやってリスト化していくうちにホームページやECサイトの制作に惹かれるようになったので私はアプリの開発に使う言語の学習はやめました!

そして私はフロントエンド言語(HTML, CSS, JavaScript)とPHPを学ぶことに決めました

なぜPHPなのかは次の章でお話ししますね

開発の具体例

次にアプリ開発の具体例を見ていきましょう

具体例を見ることで自分が作りたいものはどの言語で作れるのか知ることができます

例1

Google

引用元:https://www.google.com/

みなさんが毎日使っているであろうGoogleもWebアプリが使われています

開発言語は、C/C++, Java, JavaScript, Python, Goになります

例2

食べログ

引用元:https://tabelog.com/

食べログはWebアプリの中でも超有名なアプリかと思います

開発言語はRubyです

このように自分の作りたいものやりたいことを書き出し、それには何の言語が使われているのかを検索して言語を決めてみましょう

スポンサーリンク

初心者は、とりあえずフロントエンド言語とPHPが良いです

最後に初心者におすすめの言語と理由をお話しします

結論から言うと、

初心者で作りたいものも決まらない人はフロントエンド言語とPHPを選びましょう

なぜなら、

Web系の言語は他の言語よりもすぐに稼げるようになるからです

また、

WordPressなどのサイトを簡単に作成できるソフトはPHPで作られているものが多いのでPHPも一緒に勉強してしまいましょう

クラウドワークスをみてみると

WordPressを使ったコーポレートサイトの制作が5万円〜10万円で受注できます

マッチングサイトを使わずに自分で仕事を取ることができれば20万円以上は見込めます

このような理由から、なにもやりたいことはないけどとにかくプログラミングで稼いでみたいと思う初心者はとりあえずHTMLとCSSとPHPを学びましょう

そしてクラウドワークスやランサーズ、ココナラを使って少しずつネットで稼ぐ感覚をつかんでいきましょう!


【ランキングに参加しています】
面白かった!参考になった!という方は下のボタンをクリックしてくれると筆者が喜びます!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
プログラミング
スポンサーリンク
この記事をシェアする
KANONをフォローする
kanonblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました